はてなブログの方でスモールスタートのオープンちょっと前からコツコツとブログを書いています。こちらの本サイトでもホームページ制作絡みでより抜いたものを後日談等含めていくつか掲載します。

販促物の多能工@スモールスタート山崎の業務日誌

 

ただ、ココでは単にブログのコピペだけではなく、他にも作る予定のいろんなコンテンツをご紹介したり、お役立ち情報なども載せていけたらなと考えています。そんなこともあり、『その他コンテンツ』というメニューにしています。

ホームページテンプレ+αの工夫 その1:色をあらかじめしっかり決める(2017.1/12)

その後「スピード感」を演出するため、黄色もコーポレートカラーに加えました。やはりサイト運営していて思うのは、最初に【色】【フォント】【文字間隔(読みやすさ)】【画像などの素材】をしっかり決めてCMSに登録しておくと、あとは「中身だけ」を考えれば良く、ラクです。

 

・・・てな感じで昨日オープンしたわけですが、今回から数回にかけて弊社のホームページを作る上で考えた工夫どころについて、これからホームページを(外注・内製にかかわらず)作られる方にとって多少お役に立てるかな?ってお話をしようかと。

 

で、初回の今日は【色】のお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

極論を言ってしまうと、「そこそこ見映えのするデザイン」って

【色】【フォント】【文字間隔(読みやすさ)】【画像などの素材】

をしっかりと押さえておけば、あらかたどうにかなると思っています。

あとは「見本」となるヨソのサイトやデザインのネタとかに近づけるようにしたり、各ホームページ作成サービスのテンプレートを見渡して一番ピンと来たモノをベースにいじっていく方が、下手にオリジナリティーを出すより手堅いかなと。ちなみに本ホームページは「Jimdo(下記参照)」を使ってるんですが、テンプレートは「Tokyo」というテンプレートにしました。ウチのホームページと見比べると、なんとなく似てません?

 

ただパッと見で違うところとしたら色かなと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてその色ですが、スモールスタートのホームページを作るにあたってまず私は「コーポレートカラー」を最初に決めました。

 

私はどっちかというとWeb制作業界的には異端な方なので(40代で始める人ってあまりいないとは思いますし、デザイン畑でずっと育ったわけでは無いのでね)、とにかく「IT感出しまくってる感じ」や「スタバで作業してそうな感じ」とかでは無い見せ方にしたいなと思っていたわけですね。今日までのキャリアも異端ではありますし・・・ただそこをウリにしていこうと思っているわけです。

 

で、「Web制作 東京」とか「ホームページ制作 埼玉」とかで同業のサイトを眺めて大まかにイメージをつかんだ上で、【落ち着いて信頼感のありそうなイメージ】を表現しているところが少ないのでその辺を狙っていこうと「和 色」で検索し、下記のようなサイトでしっくりくる色を探しに行ったと。

 

いくつかピックアップして、今後ホームページに限らずチラシや名刺、動画などでも使い回すであろうからkeynoteの最初に色見本を貼り付けて・・・という流れです。

 

 

この「あらかじめ使う色を決めておく」ことって重要で、コレをやっているだけでデザインの出来が変わってきますし、なにより何かしらモノを作る度に「この部分何色にしようかな?」とか考えないでいいので、運用/運営面で楽になります。あとは「ブランディングの一環」ってヤツで、例えば「コカコーラ=赤」などセットで浮かんだりするように、「紺ベースの和風な色=信頼感=スモールスタート」を印象づけたい訳ですね。

 

この【自社用の色見本】を作っておくのは本当オススメです。ブログやらホームページ作成サービスやら各種SNSのプロフィール画面やらで色をカスタマイズできる局面が結構あるんですが、色見本がないと初期設定のまんまとかカラーピッカーで適当に選んでとかになりますから。思い当たる節ありません?

 

デザインパーツをkeynoteで作るのもアリだなと(2017.1/10)

この辺りからブログで使用する画像を1つ1つ丁寧にPhotoshopで編集して・・・というのをやらなくなりました。大体Keynoteか写真そのままをスクリーンショット撮って、「プレビュー」でリサイズして貼り付けるという感じになってます。そしてこのやり方、「普通の中小企業・個人事業主」がそこそこの手間でコツコツとコンテンツを作り続けるには最適だと思い、ミニワークショップの際にやり方を説明しています。

 

タイトルそのまんまなんですが、実は結構使えるよなと思うんです。

もう10年以上前の話ですが、アップル社で働いていた頃にこのKeynoteのデモとかよくやってましたね。いやホントこのアプリは単なるプレゼンスライドを作るだけでは勿体なくて色々と小回りがきくんですよ。なにせ作ったモノを画像や動画に描き出しできるのでね・・・。

で、今回のアイデアはコーポレートカラーや使用フォントの設定や、使い回しができそうなパーツなどをスライドに載せておいて・・・とかやると情報の一元化ができるし、案件増えてとっちらかっても安心だし、修正もラクだし。

画像が重なりまくってるような複雑なモノだとやっぱりAdobeだとは思うけど、「そこそこのモノを手間をかけずにサッと作る」時にはアリですね。

何でブログを書くようになったのか?(2017.1/7)

実際、これまでもブログはじめたことは何度となくあったんですけど、なかなか続かないもんです。でも「この人凄いな」って感じの経営者ってソレをコツコツやるんですよね。

で、「ソッチ側の世界」が見てみたいというのが最初だったような・・・。ちなみにこれが最初の投稿です。

 

新年明けてモチベーションが高まったのと、ここ最近あまりにも自己管理ができてないなぁ、あとルーティンとか平常心とかを意識していかないとなぁという反省からの脱却を図るのとで、ブログを書こうかなと。日頃はFacebookくらいでしか日々の諸々を書いていないのと、結局のところ「お友だち」はあくまでお友だちなので、あまり仕事の話ばっかり書いてビジネスビジネスしすぎるのもなぁと考えてましてね。で、心おきなくホームページ・販促について思うことや、仕事絡みのご報告や告知的なことをやる器をつくろうと。このブログのシステムは「はてなブログ」なんですが、iPadからの投稿がどれほどの使い勝手か?なんてのを確かめたいなとも。比較的更新アプリの評判がよかったので…。

 

ちなみにiPadからというのにもそれなりに理由があって、ホームページ屋としてお客さんからの「どのブログを使えばいい?」って質問に対する答えとして「(ブログに限らずホームページもそうですが)スマホ・タブレットで更新・修正がしやすいシステムにした方が楽だしいいですよ」なんて話をしているものでね。

 

さらにいうと、上手くいっている人達ってこの手の「みんなが手を出すけど続かないもの」をしっかり続けているんですよね。コンテンツがたまり、実際お会いしなくともブログを読むと人となりが分かって、親近感や信頼感の向上に繋げていて、影響力を持つようになって…といいことばかり。

 

広告や押せ押せな営業の効き目が弱くなっている今、ブログやSNSでコツコツ発信することが、(特に中小零細企業・個人事業者にとって)「販売促進のカギ」を握っているのでは?と考えているもので。